--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-25

退職日記:ファイナル

衝撃のラストシーンを見よ!!

みたいなあおりがぴったりだと思う最後でした。

今日の昼休みに派遣の営業より連絡が入り、

営業「どうでしょう、今日で最後というのは」

正直ビックリしました。
こちらとしては契約満了までかな・・・という常識で考えていた矢先のご提案。

猿田「すごく有難いご提案なのですがさすがにどうなんでしょうか・・・」

一応常識人っぽいことを匂わせてみました。

営業「精神的にしんどく思うお仕事を無理に続けられるほうがずっと良くないと思います。今回はわたくしの認識不足が大きいと思いますので猿田さんのお気持ちを一番に尊重させて頂きたいと思いました。弊社のことや企業様へのご配慮は除いてご自身が一番お気持ちが楽になる方法を優先して下さい」

ということで本日付けで契約終了とさせて頂きました。
辞める、と決めているのに無駄に迷惑かける、
もといイジめに合うのはどうかと思ったので。

いや~~
今日は引継ぎの方がお辞めになられて最初の日でした。
とんでもなく過ごしにくい一日で、お辞めになられた方は当たり前ですが企業の悪口も従業員の方にかんするお話も一切されませんでした。
でも!!
多分あれは人間関係が厳しくてお辞めに・・・だと思います。
オバはんらの当たりが(その方には)とても強く、私がムカムカするほどでしたので。
今日も私は何もわからぬまま電話を取らされ(フォローしてくれる人なんていません。み~んなランチという名で1時間半以上外出)すべて折り返しとし、エロ上司に質問したところで答えは
「わかんない」
でしたし、
それがひとりふたりじゃない・・・
たらい回しどころかゴールはなく、延々案件を十数件抱えたまま夕暮れていきました。
唯一心配して下さった秘書の方が帰りがけ、
「雨が降ってきたようですからお気をつけて」
と笑顔でご挨拶して下さったことは救い・・・と思いました。
あぁ、わたしまだ笑えたよ、と(苦笑)。
仕事なので何があろうと笑顔でいましたけど・・・

しかしまだ終わっていない。
本当にこんなに早くサヨナラすると思っていないのは私だけじゃないのです。
わたしと営業(派遣会社)以外は・・・

まだ誰もわたしが退職したことを知らない。

そんなことっていいんですか??
本当に驚きました。
確かに気持ちは軽くなりましたがそんなんで大丈夫なんでしょうか。
しかも「次のお仕事も明日からご紹介します」
って!!??
え!!
わたしは正直これは人生のペナルティだと思って覚悟の上で答えを出したつもりだったので同じ派遣会社から次の仕事を紹介して頂ける資格などないと思っておりました。
紹介・・・してもらえるんですか??
これはまぁ嘘も方便かもしれませんが。
気休めというか。へへ・・・。

ちなみに仕事のグチはこちらへは書きつくせませんので何かの機会にお会いした際はちょっとグチるかもしれません。

謝っておきます。申し訳ゴザイマセン。

気持ちを切り替えて。
実は小心者で昨晩は出勤がイヤでイヤで一睡も眠れず終いでした。
これは某通信会社に半年間勤めていた際と同じ精神構造です。
やっぱり接客向いていないんですよ。
突っ込んでいうと
〝個人のお客様から注文を受ける職種で働いている人と合わない〟
トータルは本当に働いている皆さんが温かかったから続いていました。
そういうのコールセンターでは珍しいんですね。
殺伐・・・というか意味のないイジワルや根っ子が腐っている・悪口言って一日が終わっている人種とは合わないということです。
人には親切に優しく、明るく焦らず大きなココロで!
そんなに難しいことではない気がするのですが悪は感染する・・・。
結構社風がそんなことになっている企業が多いような(個人というよりそんなふうに企業が悪に飲み込まれてしまっている)。

また駄文となりました。失礼。

時給をグンと下げて、自分ペースで笑顔を保てるお仕事を気長に探そうと思います。
焦ったらよくないという痛い勉強となりました。反省。

それにしてもヘンな会社でした。
営業さんはどんなふうに企業へ報告をするのでしょうか。。。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。